feat

国境&ジャンルを飛び越えた、豪華コラボレーションの集大成!「THE FEAT. BEST」2016年11月2日(水)リリース決定!!

2016.9.30

国境&ジャンルを飛び越えた、豪華コラボレーションの集大成が11月2日にリリース決定!
AI名義のコラボレーションの中から厳選を重ねながらも、さらに他アーティスト作品にAIが参加した楽曲もライセンスし、2枚組というボリュームで名曲の数々を封じ込めた充実の内容。新旧・国境・ジャンルを問わず、AIの魅力をより広く、深く感じることが出来る魅力的作品は、全31曲。コラボ・アーティストは総勢35組。全曲トム・コインによる最新リマスタリング!!

 
「古いのから新しいのまで。日本から世界へ。
サイコーのアーティストたちと、サイコーな曲が詰まっています!!」 by  AI

【収録曲】
[Disc-1]

1. FINAL DISTANCE  [13 years distance mix] / AI + 宇多田ヒカル (2016-UH vox.2001&AI vox.2014)

Lyrics & Music by Utada Hikaru / Produced by UTA for Tiny Voice Production. Utada’s vocal 2001 & AI’s vocal 2014 (P)2016
(作品『宇多田ヒカルのうた』でAIがカバーした「FINAL DISTANCE」。今回はなんと2001年当時の宇多田ヒカルのオリジナル・ボーカルトラックと、カバーした2014年のAIのボーカルによる、13年の時を隔てた奇跡のデュエットが実現!。 ★今作初発表音源)

 
2. SHOW IT OFF feat. Jim Jones & AI / DJ LEAD  (2012)

Lyrics & Music by DJ LEAD, NAOtheLAIZA, JimJones, AI / Produced by DJ LEAD (P)2012 SUGARBITZ Co.,ltd
(HOT 97FMで番組を持つ初の外国人DJという快挙を成し遂げた、日本が誇るHIPHOP DJ、DJ LEAD。ジム・ジョーンズとAIという組み合わせも話題に)

 
3. MORIAGARO feat. Jeremih  (2013)

Lyrics by AI, Jeremih / Music by AI, Jeremih, De-Capo / Produced by AI, De-Capo Music Group. Jeremih appears courtesy of Island Def Jam Music Group (P) 2013
(“Turn Up”って日本語で何て言うの?というジェレマイの問いに、“モリアガロウだよ!” とAIが 応えたことで誕生した、ダルなのにアッパーな中毒性チューン)

 
4. My Baby feat. Lloyd  (2013)

Lryics by Victoria Mwangi, Asian Bryant, Lloyd, Sean ‘Pen’ McMillion & Ralph ‘Vintage’ Jeanty for the Exlusives / Music by D. Clax, Lloyd, Sean ‘Pen’ McMillion, Victoria Mwangi, Asian Bryant / Produced by D. Clax. Lloyd appears courtesy of Young Goldie Music (P) 2013
(ロイドの地元、アトランタでD.クラックスのプロデュースの下レコーディング・セッションを行った、二人の掛け合いも美しいメロウなR&Bトラック)

 
5. Let it go feat. Snoop Dogg  (2010)

Lyrics by AI, C. Broadus, Yynice Hinton / Music by AI, DJ 2HIGH, UTA / Produced by UTA for Tiny Voice Production. Snoop Dogg appears courtesy of Doggy Style / Priority / Capitol Records (P)2010
(HIP HOP界のレジェンド、スヌープ・ドッグにあえて “メッセージソングを歌おう”とアプローチして実現した夢のコラボレーション。洋楽指向を極めたAIの代表曲のひとつ)

 
6. GOLDEN MIC [REMIX] feat. KASHI DA HANDSOME, AI, 童子-T, 般若 / ZEEBRA (2003)

Lyrics by ZEEBRA, KASHI DA HANDSOME, AI, 童子-T, 般若 / Music by MASTERKEY (P)2004 PONY CANYON INC.
(そのアーティストのリアルな言葉たちは12年の歳月を経て色褪せるどころか、今正に当時の覚悟が本物であったことを証明している。夢と個性とスキルのカオスから生まれたジャパニーズHIP HOPシーンのアンセム的トラック。)

 
7. Wavin’ Flag – Coca Cola® Celebration Mix with AI / K’NAAN  (2010)

Lyrics & Music by Keinan Warsame, Bruno Mars, Philip Lawrence, Jean Daval / Japanese lyrics by AI / Produced by The Smeezingtons. K’NAAN appears by courtesy of A&M/Octone Records (P)2010 A&M/Octone Records
(“世界中にハピネス” という名フレーズ誕生のきっかけとなった、ケイナーンと歌う2010年FIFAワールドカップサッカー公式キャンペーンソング)

 
8. One More Try feat. Chaka Khan  (2010)

Lyrics & Music by C. Mortimer, A. Coley, S. Brown / Produced by Suamana “Swoop” Brown for Swooperman Productions (P)2010
(AIが敬愛する世界のディーヴァ、チャカ・カーンとのデュエット・ソング。2010年武道館での圧巻の競演パフォーマンスも語り草となった感動の名曲)

 
9. Letter In The Sky feat. The Jacksons  (2011)

Lyrics by AI, D. Lashine & C. Jenkins / Music by AI, King David “The Future”, D. Lashine & C. Jenkins / Produced by AI, King David “The Future” (P)2011
(マイケル自身が数々の名作を生み出したLA・WESTLAKEスタジオにてジャクソンズ兄弟と共にレコーディングした、マイケルへのトリビュートソング。 “マイケルがいたらこう歌うと思うから、AIはそのラインを歌ってくれよ” と、思いを馳せる兄たちがAIを取り囲みながらハーモニーを作る姿に、愛が満ち溢れていた楽曲)

 
10. Incomplete feat. Boyz II Men  (2010)

Lyrics by AI, Jeff Miyahara / Music by AI, Jeff Miyahara, Yuichi Hayashida / Produced by Jeff Miyahara (P)2010
(テレビ番組でのインタビューがきっかけで実現したコラボレーション。AIの希望で初期ボーイズIIメン・サウンドを彷彿とさせる王道R&Bバラッドを共演)

 
11. No More / EXILE ATSUSHI + AI  (2016)

Lyrics by ATSUSHI, AI / Music by UTA, ATSUSHI, AI / Arranged by UTA for Tiny Voice Production. (P) 2016 Licensed by AVEX MUSIC PUBLISHING INC.
(EXILE ATSUSHIとのデュエット第3弾。ドラマ主題歌として、そのテーマの世界観に合わせ、“未来に向かって踏み出す勇気” を二人で書き下ろした1曲)

 
12. It’s OK feat. AI / AK-69  (2011)

Lyrics by AK-69, AI / Music & Produced by RIMAZI, AK-69, AI (P) 2011 Licensed by MS Entertainment / Music Securities, Inc.
(ジャパニーズ・ウェッサイにルーツを持ちながらもその枠を飛び越え、常に可能性に挑戦し続ける朋友、AK-69アルバム「THE RED MAGIC」での参加曲。

 
13. Beautiful feat.Trey Songz [Remix]  (2006)

Lyrics & Music by AI, Trey Songz / Produced by D/R Period, Remixed by Coptic. Trey Songz appears by the courtesy of Atlantic Records (P)2006
(R.ケリー風なトラック・イメージと、AI曰く「相当悩み抜いた」という歌詞の世界観。これがトレイ・ソングスを迎え入れることで見事に昇華した1曲。MTVアワードでのトレイとの圧巻のパフォーマンスも語り草に)

 
14. GOTTA GET MINE feat. Bridget Kelly [English Version]  (2013)

Lyrics by Blush, AI, Bridget Kelly / Music by Jerry Duplessis, Arden Altino, Akene Dunkley / Produced by Jerry ‘Wonda’ Duplessis for Wonda Music. Bridget Kelly appears by the courtesy of ROCNATION (P)2013
(フージースのプロデューサーでも知られるジェリー・ワンダの下、ROCNATIONの新鋭歌姫ブリジット・ケリーとNYでセッション・レコーディングした1曲)

 
15. After The Storm feat. Che’Nelle  (2013)

Lyrics & Music by AI, Matthew “Damario” Quinney, Joseph Macklin, Carlos “Los” Jenkins, David “Davix” Foreman, Dashawn “D.White” White, Thomas “Tom Jack” Jackson / Produced by AI, Fifty 1 Fifty (P)2013
(日本でも多くのファンを魅了するシェネルとの美しいデュエット。映画日本版主題歌として公開イベントで披露した際、監督のウォン・カーウァイ氏も大絶賛)

 
[Disc-2]

1. “Uh Uh……” feat. AI / SUITE CHIC (2003)

Lyrics by MICHIKO, AI / Music by YAKKO, MICHIKO / Produced by YAKKO for AQUARIUS (P)2003 Licensed by AVEX MUSIC PUBLISHING INC.
(VERBAL(m-flo) とプロデューサー今井了介が発案し安室奈美恵と共に立ち上げたプロジェクト。そこで真骨頂のラップを披露したことでストリートから新星の如く飛び出すAIのきっかけとなった1曲。)

 
2. O2 feat. AI / 福原美穂  (2011)

Lyrics by MOMO “mocha” N / Music by Sky Beatz, Joveek Murphy, Shikata / Produced by Miho Fukuhara  (P) 2011 Licensed by Sony Music Records.
(LAのゴスペル・クワイヤーでの歌唱経験という共通点を持ち、共にその実力を認め合う二人のジャパニーズR&Bソウルディーヴァによる圧巻のデュエット)

 
3. STRONGER feat. 加藤ミリヤ  (2010)

Lyrics by AI, Miliyah / Music by AI, Miliyah, T. Kura / Produced by T. Kura for Giant Swing Productions. 加藤ミリヤ appears by the courtesy of Sony Music Records (P) 2010
(元々妹のSACHIの友人であった加藤ミリヤ。音楽番組で「Story」を共演したことがきっかけでコラボが実現。自分達の共通点を “強さ” と感じ、そのままのタイトルと共に“傷ついても前に進み続ける強さ”を歌うメッセージソングとなった)

 
4. Wonder Woman feat. AI & 土屋アンナ / 安室奈美恵  (2011)

Lyrics & Music by Tiger, Marek Pompetzki, Paul Nza, Chantal Kreviazuk, Tanya Lacey / Arranged by Marek Pompetzki, Paul Nza (P)2011 Licensed by AVEX MUSIC PUBLISHING INC.
(まさに“Wonder Woman”と呼ばれるに相応しい3人によるコラボレーション。スタイリッシュなサウンドとROCKなグルーヴが心地よいナンバー)

 
5. RUN FREE / AI + 加藤ミリヤ + VERBAL  (2010)

Lyrics by AI, Miliyah, VERBAL / Music by AI, Miliyah, Lucas Valentine, H. SU / Produced by VERBAL. 加藤ミリヤ appears by the courtesy of Sony Music Records. (P) 2010 Licensed by AVEX MUSIC PUBLISHING INC.
(リーボックのクリエイティブ・ディレクターを務めるVERBAL(m-flo)の呼びかけで実現した女性向けシューズのキャンペーンソング。それぞれのライブステージでの客演するときにはテッパンで盛り上がるアッパーチューン)

 
6. SCREAM feat. JESSE from RIZE  (2009)

Lyrics & Music by AI, JESSE / Produced by JESSE (P)2009
(RIZE・JESSEを迎え入れてのロック・チューン。AIにとって異種格闘技的なサウンドも、魂の兄妹的な二人の距離感が心地よい、新たな魅力を放ったナンバー)

 
7. FAKE feat. 安室奈美恵 [BACHLOGIC Remix]  (2010)

Lyrics by AI / Music by George Tashiro / Arranged by UTA for Tiny Voice Productions / Remixed by BACHLOGIC
安室奈美恵 appears by the courtesy of Dimension Point/AVEX MUSC CREATEVE INC (P)2010
(初めて自分名義の楽曲に安室奈美恵を迎え入れてレコーディングした曲。ビジュアルアピールも抜群でMVも絶賛の中、そのサウンド面でも当時の音楽批評家を唸らせた、日本HIP HOP/POPSシーンにおけるエポックメイキングな1曲として知られる、ライブでも必須なナンバー)

 
8. BUTTERFLY feat. ANTY the 紅乃壱, 土屋アンナ, PUSHIM  (2007)

Lyrics by AI, ANTY the Kunoichi, Anna Tsuchiya, PUSHIM / Music by AI, ANTY the Kunoichi, Anna Tsuchiya, Masanori Mine, PUSHIM, THE COMPANY / Produced by THE COMPANY. PUSHIM appears courtesy of Ki/oon Records Inc. 土屋アンナ appears by courtesy of MAD PARTY, AVEX ENTERTAINMENT (P)2007
(ヒップホップ、ロック、レゲエといった各ジャンルのトップ女性アーティストを集結させ、そのクロスオーバーする姿をメジャー展開したストロング・ナンバー)

 
9. Still…feat. AK-69  (2010)

Lyrics by AI, AK-69 / Music by AI, AK-69, JiN, DJ WATARAI / Produced by JiN, DJ WATARAI (P)2010
(AI・10周年記念シングル第2弾として「FAKE」に続き放たれたシングル。激しく昂ぶる感情をリリックに乗せてぶつけ合う、二人ならではのキラーチューン)

 
10. Like a bird feat. CORN HEAD  (2009)

Lyrics by AI, CORN HEAD / Music by AI, UTA / Produced by UTA for Tiny Voice Production (P)2009
(ジャパニーズ・レゲエ界の雄、CORN HEADとポジティヴなメッセージを歌う軽快なレゲエ・ナンバー。AIとしても)

 
11. 365 feat. DELI  (2005)

Lyrics by AI, DELI / Music by AQUARIUS, AI / Produced by AQUARIUS. DELI appears by the courtesy of チカチカプロダクション, cutting edge / AVEX INC. (P)2005
(社会派ラッパーの異名の如く、既に現在のDELIの活動=オペレーションコドモタチを経ての松戸市・市議議員を垣間見ることが出来る、都会の焦燥感の向こう側にある明日への姿を求めるリリックも印象的なナンバー)

 
12. WATCH OUT! feat. AFRA + TUCKER  (2004)

Lyrics by AI / Music & Produced by AI, AFRA, TUCKER. AFRA & TUCKER appears by the courtesy of ODD JOB RECORDS (P)2004
(ヒューマンビートボックス・AFRA、炎のエレクトーン・TUCKER、そしてAIという3つの才能の強烈なぶつかり合いによるリアルなグルーヴ・トラック)

 
13. No Generation Gap / Char feat. AI  (2004)

Lyrics, Music & Produced by Char (P)2004
(プライベートでも娘のように可愛がってくれるCharがAIを招いてレコーディングしたナンバーは、そのタイトルの如く、二人が織りなす年齢の差を感じさせないロック・グルーヴ。「SCREAM」でのJESSE参加により、同作品内での親子共演も果たしている)

 
14. I’ll be there with you feat. AI & 青山テルマ / 加藤ミリヤ  (2014)

Lyrics & Music by Miliyah, AI, Thelma Aoyama / Produced by ☆Taku Takahashi (m-flo, Tachytelic® Inc.block.fm®) ☆Taku Takahashi by the courtesy of rhythm zone/AVEX MUSIC CREATIVE INC (P)2014 Licensed by Sony Music Records
(プライベートでも親友として尊敬しあう3人で作り上げたこの楽曲は、共感必至の“ガールズ友情ソング”。m-floの☆TAKUによるプロデュース)

 
15. Be Brave / EXILE ATSUSHI + AI  (2015)

Lyrics by ATSUSHI, AI / Music by 220, Andrew Choi, OA (Iconic Sounds) (P) 2015 Licensed by AVEX MUSIC PUBLISHING INC.
(EXILE ATSUSHIとのデュエット第2弾。「No More」同様、ドラマ主題歌として、その内容である “命の尊さ” をテーマにした作品。人と人とが思い合う絆の深さや大切な人を守る勇気を歌い上げた、壮大でエモーショナルな楽曲)

 
16. For my sister feat. Judith Hill [Japanese Version]  (2010)

Lyrics by AI, Judith Hill / Music by AI, Judith Hill, UTA / Produced by UTA for Tiny Voice Production (P)2010
(マイケル・ジャクソンのトリビュート番組でのインタビューがきっかけで実現したコラボレーションは、ご存じTHIS IS IT参加予定メンバーであり、さらにプリンスが他界する直前にもスタジオに入っていたという、世界のアーティストを魅了してやまない名ボーカリスト、ジュディス・ヒルとの美しきデュエット)

All tracks Re-Mastered by Tom Coyne @ Sterling Sound, NYC : 2016
【フィーチャリング・アーティスト一覧(35組/アイウエオ順)】
青山テルマ
AFRA
安室奈美恵
ANTY the 紅乃壱
宇多田ヒカル
EXILE ATSUSHI
AK-69
KASHI DA HANDSOME
加藤ミリヤ
K’NAAN
CORN HEAD
The Jacksons
JESSE from RIZE
Che’Nelle
Jeremih
ZEEBRA
Jim Jones
Judith Hill
SUITE CHIC
Snoop Dogg
TUCKER
Char
Chaka Khan
土屋アンナ
DJ LEAD
DELI
童子-T
Trey Songz
VERBAL
般若
PUSHIM
Bridget Kelly
福原美穂
Boyz II Men
Lloyd
<リリースインフォメーション>
AI「THE FEAT. BEST」
2016年11月2日(水)リリース
UPCH-20438/9  ¥3,000(税抜)/¥3,240(税込)

© 2015 AI. All rights reserved.