AIが次世代リーダーが集まる青年版ダボス会議「One Young World Japan」初のオフィシャルアーティストに就任! HIP HOP界のレジェンド・プロデューサー=スコットストーチがプロデュースした新曲も発表!

AIが、次世代リーダーが集まる青年版ダボス会議「One Young World Japan」初のオフィシャルアーティストに就任することが決定。
2022年に東京で開催される「One Young World世界サミット」に向けて、10月23日(金)~10月25日に開催されるキックオフイベント「One Young World Tokyo Caucus 2020」に出演し、就任式の様子が生配信されることも発表された。
AIが出演する10/23(金)には、2030年SDGs達成に向けた新曲「Not so different」 x One Young World JapanとのコラボMVも公開する予定だ。

「Not so different」は、デビュー以来、自身の音楽を通して、ジャンルや国境をボーダレスに飛び越え、人々に笑顔と感動を届けてきたグローバルな活動する中で、SDGs(持続可能な開発目標)の達成を期待される2030年に向けて、世界中の人々がお互いに持つ「個の多様性」に感謝し、より世界が一つになるために完成させた楽曲。
プロデュースには、HIP HOP史の名盤Dr.Dre『2001』の「Still D.R.E.」などをはじめ数々の世界レベルのトップアーティストをプロデュースしてきたScott Storch(スコット・ストーチ)を迎え、昨年、AIの生まれ故郷でもあるL.A.にある彼のスタジオで制作した。

この楽曲についてAIは、
「世界中が仲良くなってほしいという想いで書きました。
(世界中には)色々あるけど “We’re not so different (私たちはそんなに違わない)”と私は思ってます。
この曲でこの想いが少しでも多くの方に届けば嬉しいです。」
という想いを語っている。

世界が一つになるために、一人ひとりが責任感を持って、国境を超え、ボーダレスに効果的なリーダーシップを発揮する次世代リーダー達を応援し、繋ぐことを目的としている次世代リーダー達のための世界最大級のグローバル・フォーラム「One Young World」が持つ“国境を超えた次世代が持つ力と目指したい世界”にAIが共鳴し、2022年に開催される東京大会に向けて、「One Young World Japan」として初のオフィシャルアーティストとして、次世代リーダーと「ともに」、音楽を通じてSDGs 2030の達成を目指していく。
AIは、就任式にて楽曲「Not So Different」に込めた想いと、世界を繋げるこの曲を通じて実現したい本コーカスのテーマである「Inclusive Leadership」に対する想いを語る予定だ。
「One Young World Japan」と共に、AIは「音楽の共創」を通じて、より多くの人々がお互いの存在に感謝し、想い合う、平和な世界の実現を目指していく。

「One Young World Tokyo Caucus 2020」はこちらをチェック!
https://www.sdgscaucus.com/

◆AIメッセージ◆
国や宗教、人種や障害、色んなものを超えて集まれる、話し合えるというのは本当に素晴らしいことだと思います!
この時だけは争いもやめてみんなが気持ちよくお互いを知り、お互いを分かり合える時間になればいいなと思ってます!!!
We’re not so different!!!!
みんな同じ感情というものがありますからね。
One young world をこれからも応援してます!!! 世界中にハピネス!!!

◆一般社団法人One Young World Japan Committee理事長 大久保 公人氏 メッセージ◆
音楽は、国境を超え、言葉を超え、宗教を超え、人種を超え、人の心を⼀つにする力を秘めています。
音楽は、言葉以上に心の深くに染み込み、人を憂鬱から救うことも、人に涙を流させることも、人に勇気を与えることもできます。
そして音楽は、人の感性を豊かにし、自らの活動や、夢や、生き方にも大きな影響を与えます。
それは、まさにOne Young World。 世界中の次世代が出会い、互いを敬い、心を⼀つにし、情熱的に自身に挑戦していく。
グローバルでありながら、日本のこころと機微をとても大切にされているAIさん。
彼女の歌を通じて、2022年開催のOne Young World TOKYOサミットで、日本のメッセージが世界に響く渡ることと思います。

■One Young Worldについて
One Young Worldは英国を拠点とする非営利団体です。
世界中で活躍する次世代リーダー達の活動を支援し、ネットワーキングしていくプラットフォームを提供します。
彼らがより責任ある立場や環境のもとで、より効果的に実践的にリーダーシップを発揮することを可能にすることで、より良い世界を実現していきます。
毎年開催されるこのサミットには、気候変動から紛争解決まで、最も差し迫った社会課題に取り組むために、196カ国から2,000⼈以上の優秀な次世代リーダーが参加します。
One Young Worldは、故コフィ・アナン氏、メアリー・ロビンソン大統領、フアン・マヌエル・サントス大統領、ボブ・ゲルドフ卿、リチャード・ブランソン卿、デズモンド・ツツ大司教、ジェームズ・チャウ氏、エマ・ワトソン氏、メーガン・マークル氏、ムハマド・ユヌス教授など、著名な世界のトップリーダー達によって積極的に支援されています。
世界のリーダー達が、One Young Worldサミットに参加する次世代リーダー達と共に、社会変革に向けて取り組みます。
2009年の設立以来、One Young Worldは1万人を超えるアンバサダー(歴代のOne Young World参加者)のネットワークを構築し、彼らの様々なプロジェクトは、世界中で2000万人以上の人々に恩恵をもたらしています。
アンバサダーの中には、FGM廃止を唱えるジャハ・ドゥクレ氏、脱北者のヨンミ・パーク氏、サンパウロ・タバタ・アマラル・デ・ポンテス連邦保安官代理、精神衛生活動家のフセイン・マナワー氏、カルモニー創設者の岩沢直美氏、ソーシャルメディアで人気のジェローム・ジャール氏、Wheeling Happinessの創設者デヴィカ・マリク氏などが名を連ねています。
「ダヴォス会議の若者版」とも呼ばれ、数々の賞を受賞したOne Young Worldサミットは、C&ITによって過去3度、International Conference of the Yearに選ばれています。
また、One Young Worldは、どのNGO団体よりも企業との連携が大きく、Fortune500社やFTSE100社に名を連ねる世界の主要企業500社以上と提携しています。
これまでの開催地は、ロンドン(2010)、チューリッヒ(2011)、ピッツバーグ(2012)、ヨハネスブルグ(2013)、ダブリン(2014)、バンコク(2015)、オタワ(2016)、ボゴタ(2017)、ハーグ(2018)、ロンドン(2019)。
次回のサミットはミュンヘン(2021)、そして2022年には東京で開催される予定です。

⼀般社団法⼈One Young World Japan Committee 公式HP
https://oywj.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Language »